家族へ内緒にできる?

質問をクリックしてご覧ください。

 


家族に内緒で債務整理はできますか?

A. 同居のご家族には、正直にお話しすることをおすすめします。

どうしても内緒にしたいという場合には、任意整理を選択しますが、これも絶対にバレないという保証はありません。

債務整理をしても、サラ金業者や裁判所からご家族に直接連絡がいくことはありません。
(ただし、ご家族が連帯保証人になっている場合は、債権者から連帯保証人である家族に請求がいってしまうことになります。)
自己破産や個人再生の場合、裁判所から同居家族の収入を証する書面や通帳のコピー等の資料の提出を求められることがありますので、裁判所の手続きを使った場合、ご家族に内緒だと債務整理が思うように進まない場面も出てきます。
任意整理の場合でも、比較的内緒にしやすい手続きではありますが、強硬なサラ金業者が違法な取り立てをする可能性もゼロではありませんから、やはり完全にバレないという保証はありません。
なお、同居していないご家族であれば、債務整理をしていることがが知られる可能性はまずないといえます。 

配偶者や子に請求がいくことはありますか?

A.違法な業者が取り立てをする可能性はありますが、保証人になっていない限り、支払う義務はありません。

違法な取り立てがある場合にも、専門家が行政処分や内容証明などを使って業者に警告することができます。

民法761条は、『日常家事債務』については、夫婦の間で連帯責任がある、と定めています。
しかし、ここでいう『日常家事』とは、食料や医療などの生活必需品の購入や家賃・医療費・教育費の支出などのことであり、仕事上の都合でサラ金から借金したり、ギャンブル・遊興費のためにサラ金から借金したりする場合は、日常家事債務とはいえません。借金の返済のために別のサラ金業者から借金をすることがよくありますが、これも日常家事に関する行為とはいえないのは当然です。

また、サラ金業者から借金をする際に『生活費のため』『養育費のため』と言って借りるケースがよくありますが、仮に実際にそのように使った場合はどうでしょうか?

このような場合でも、サラ金の債務は一般的に非常に高金利であり取り立ても厳しいこと、妻に夫の借金の支払を請求するならば業者はきちんと妻と保証契約を締結しておくべきこと、サラ金業者からお金を借りるということは親戚・友人から借りるのとは行為自体の重みが違う、などの理由により、最近では、サラ金業者からの借金は、いかなる場合にも日常家事債務には該当しないと考えられています。

以上のことから、配偶者の借金といえども、法的な支払義務はありません。ですから、その旨をきちんと業者に主張し、配偶者が現状のままでは支払えそうにないのであれば、早めに債務整理をさせる事が重要です。
それでも取立てを続けてくる業者には、内容証明で警告し、なお取立てを続けてくる場合は、その業者を貸金業規制法違反で警察や検察庁に告訴または監督行政庁(内閣総理大臣・都道府県知事)に営業停止・登録の取消しなどの行政処分を求める申立てをしていきます。

債務整理をすると、保証人に請求がいってしまいますか?

A.はい、保証債務は残ってしまうためです。ですから保証人さんには、早めに、正直に事情を話すことが必要になってきます。

債務者本人が債務整理をしても、保証人には影響ありませんので債権者は保証人に請求をすることになります。例えば、債務者本人が自己破産をして免責されたとしても、それは保証人には何の影響もありません。
よって、債務者の他に連帯保証人がいるのであれば、今度はそちらに借金の督促が集中することになります。よって、保証人に迷惑はかけられないとの理由で債務整理を躊躇しても何の解決にもなりません。
ですから、自分が債務整理をする前に必ず保証人にも今の実情を正直に話して、その保証人を含めた債務整理を考える必要があります。場合によっては保証人も債務整理をする必要がでてきますがそれも仕方ないでしょう。
とにかく大切なことは保証人に対して誠意をもって全てをきちんと説明するということであり、そのような義務が債務者にはあるのです。