債務整理の方法

「債務整理」とは、借金の返済にお困りの方が、法律専門家である司法書士や弁護士に依頼して、法律に基づいた借金の全体的な見直しを行うことをいいます。「借金の全体的な見直し」の方法にはいくつかありますので、具体的にご説明します。

再チャレンジの機会を得るために法律が全国民に認めた法的手続きが、「債務整理」です。「過去の借金は反省する点が多いかもしれない。しかしそれによって一生を棒に振る必要はない」と当事務所は考えています。この手続きをすると、何ができて、何ができないのか、ということを知るだけでも価値があると思います。ぜひ当事務所の無料相談、メール相談をご活用ください。

専門家がご本人にかわって、返済条件を緩和するための交渉を行います。(これから発生する利息の免除を依頼したり、一括で返済する代わりに、借金の一部を免除してもらったりします。)

この間、ご本人への借金の取り立ては法律上許されていません。

裁判所を利用しない任意整理とは異なり、毎月一定の収入がある方が対象の裁判所を利用した債務整理方法です。再生計画案が認められれば、債務の額が大幅にカットされ、緩やかな弁済計画に従って弁済をしていけばよくなります。 また、住宅を残して債務整理することができる場合もあります。

裁判所に申し立て、免責を得ることによって債務をゼロにする手続きです。最低限の生活用品などは手元に残せますが、そのほかの財産は全て換価して、全債権者にその債権額に応じて公平に弁済します。

自己破産は最も強力な債務整理方法であり、最終手段です。他の手続きによることができない場合や、早期に債務から解放されたいというお客様には、この方法をおすすめしています。

数年前まで、消費者金融業者などが取っていた利息は、違法な利率によるものがほとんどでしたので、正規の利率で計算し直すと借金が大幅に減ることがあります。さらには、払いすぎていた利息を取り戻す権利がある方もいらっしゃいます。その場合は、「過払い金返還請求」の手続きをおこないます。

親が借金を残したまま亡くなってしまった場合、借金は子に相続されます。
亡くなった家族の借金を背負いたくなければ、家庭裁判所に「相続放棄」という手続きをしなければなりません。(あまり利用されませんが「限定承認」という手続きもあります)